応援メッセージ

君たちの将来の夢へのサポーター

ICLA

君たちの将来の夢へのサポーター iCLAでの学生生活も順調に進み、卒業を控えた頃、こんな悩みを持つかもしれない。
卒業後は何をしよう?就職できるだろうか?でも、もっと世界を見たい、海外の大学院に行こうか?
こんな学生の悩みを、iCLAは多方面からしっかりサポートします。
とりわけキャリア教育では、様々な業種のビジネス関係者による来学講演や、
多彩なインターンシップの機会を提供しています。

Message  企業や起業家からの応援メッセージ
ICLA

TETSUO
TSUCHIYA

土屋 哲雄

株式会社ワークマン
専務取締役

ワークマンは作業服で培った「機能性ウェア」をアウトドアウェアに展開して、4000億円の空白市場で急成長しています。ドメスティックな企業でしたが、既に6割の製品を海外工場から直接調達しています。外国人社員も増えていますが、人材が足りません。日本ではグローバルな視野とクロスカルチャーを体験できる大学は少なく、iCLAには大いに期待しています。当社の「衆知」を集める経営では、ディスカッションを通じて学び合う経験は貴重です。

ICLA

TAKAHIRO
IWATA

岩田 孝浩氏

株式会社 伊藤園
能力開発部部長

「世界のティーカンパニーへ」。当社をはじめ日本企業は、様々な夢を描いて世界のマーケットへの進出を中長期戦略の中に描いています。ビジネスのグローバル化のロードマップの一方で、国内企業の7割以上が人材不足を認識しているという調査も発表されています。(三菱UFJリサーチ&コンサルティング調査2017年10月~12月実施)単に言葉が話せるだけでは世界に通用しません。まさに多様性を理解できる人材が不可欠なのです。そのような中、山梨学院大学国際リベラルアーツ学部は世界を視野に入れた人材育成の場を提供しています。その貴重な修練の場を得た学生の皆さんが更に活躍の場を求めて飛び立っていく姿を想像し、大きな期待をしております。

ICLA

KOTA
MATSUDA

松田 公太氏

前参議院議員
タリーズコーヒージャパン創業者

山梨学院大学に新設のiCLA(国際リベラルアーツ学部)は、日本ではあまり類を見ないアメリカ式のリベラルアーツ教育を行い、芯のしっかりした国際人の養成を行うと伺っています。これからの時代、日本の若い人たちが益々世界で活躍する中で、語学力のみならず、文武両道の強さは大きな武器になることでしよう。国際的な起業をする学生が多く輩出されることと、大いに期待します。

ICLA

MASAHIRO
FUKUHARA

福原 正大氏

Institution for a Global Society (IGS) CEO/Founder
一橋大学大学院特任教授/慶應義塾大学特任教授

グローバル化と人工知能の発展は、私たちのミライの可能性を大きく広げます。しかし、これまでの平均的な日本の大学教育を受けるだけでは、このミライから取り残されるのです。世界標準の言語である英語と人工知能を使いこなすリーダーになって、新しい時代を切り拓き、人生を楽しみましょう。iCLAのリベラルアーツ教育は、あなたにこの力を授けます。

ICLA

HIROKO
KANAI

金井 裕子氏

三菱ふそうトラック・バス株式会社
人事本部 人事企画部 部長

経済成長の鈍化と高齢化の問題に直面している日本において、多くの日本企業が成長を続ける為にもグローバル化は重要な役割を担うと思います。日本経済の成長に資するようなグローバルな視野と多様な文化に接した経験を持つ学生が必要とされており、iCLAの提供する教育課程は、これらの必要な能力を身につけ日本文化をグローバルな視点から理解する機会を提供していると考えます。

ICLA